「愛ゆえに・・・」


 愛ゆえに人は苦しまねばならぬ・・・

 愛ゆえに人は悲しまねばならぬ・・・


           聖帝 サウザー
 愛ゆえに、北斗の拳200X
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ

 時代をささえた漢たち
(バット、リュウガ、アイン)


 北斗の拳のなかで


バット

リンの村の牢屋に捕らわれていたときに、
ケンシロウと出会う。
その後、ケンシロウに憧れて共に旅をする
ようになる。
成人になると「北斗の軍」のリーダーとなり、
ケンシロウの帰りを待つ。
リュウガ

「泰山天狼拳」の伝承者。
荒廃した世界に秩序をもたらすには、
強大な力の恐怖による支配しかないと感じ、
ラオウのもとで将となる。
しかし、ケンシロウの出現で新たな時代の
到来の予感を感じ、ケンシロウを立ち上が
らせる為、あえて魔狼となる。
アイン

「ケンカ拳法」を使う。
自分の女のためにお尋ね者狩りをしている
陽気なキザな漢。
賞金首となったケンシロウを追う途中に
バットと出会い、心変わりして反乱軍に
加わることになる。