「愛ゆえに・・・」


 愛ゆえに人は苦しまねばならぬ・・・

 愛ゆえに人は悲しまねばならぬ・・・


           聖帝 サウザー
 愛ゆえに、北斗の拳200X
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ

 修羅の国の漢(カイオウ、ヒョウ、ハン、シャチ)

 「北斗琉拳」を使う四人の漢たち。


カイオウ

修羅の国、第一の羅将。ラオウの実兄。
北斗宗家のヒョウの影として生きるように強制されて
育ったため北斗宗家に対して強い憎しみを抱くように
なる。

野望のためなら自分の妹サヤカをも殺してしまう。
ヒョウ

修羅の国、第二の羅将。
北斗宗家の血を継ぐケンシロウの実兄。
ケンシロウがカイオウを倒すための必要な秘拳の
記憶を持つが、その記憶はカイオウによって封印
されていた。
ハン

修羅の国、第三の羅将。
野心なき者は生きるに値せずという信念を持つ。
非常にクレーバーであり、どのような体勢、状況でも
攻撃を繰り出すことができる。
シャチ

修羅の国に置き去りにされた赤鯱の息子
レイアを守るため北斗琉拳を学び、修羅たちを襲い
「羅刹
」と呼ばれるようになる。
羅将にも戦いを挑むが撃退されてしまう。