「愛ゆえに・・・」


 愛ゆえに人は苦しまねばならぬ・・・

 愛ゆえに人は悲しまねばならぬ・・・


           聖帝 サウザー
 愛ゆえに、北斗の拳200X
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ

 元斗の漢(ファルコ、ソリア、ショウキ)

 「元斗皇拳」を使う漢たち。


ファルコ

「元斗皇拳」の伝承者。
天帝を守護するために生きることを宿命づけ
されている。
かつてラオウが襲来時、村人の命と引き替えに
自らの足を切断した優しい漢。
ソリア

かつてファルコと戦い一瞬にして右目を失って
敗れた。
しかしその後はファルコの魅力に惹かれて魂を
捧げるまでになる。
元斗皇拳の強さをケンシロウの体に刻みつける。
ショウキ

ケンシロウとユリアに安住の地を提供した漢。
ショウキはファルコと共に天帝を守護していたが、
ジャコウの邪悪さに堪えきれず襲いかかるが
ファルコの拳により止められ、仮死状態にされ
帝都から送り出されるがジャコウの息子シーノに
よって殺される。