「愛ゆえに・・・」


 愛ゆえに人は苦しまねばならぬ・・・

 愛ゆえに人は悲しまねばならぬ・・・


           聖帝 サウザー
 愛ゆえに、北斗の拳200X
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ

 南斗の漢(シン、レイ、ユダ、シュウ、サウザー)

 南斗の六聖拳
 南斗の六聖拳とは皇帝の居城を守る六つの門の衛将と
 呼ばれ、
南斗聖拳総派百八派の頂点に立つ漢たち。



シン

南斗孤鷲拳の伝承者。
宿星として愛に殉じる「殉星」を持つ。
ケンシロウからユリアを奪い、ケンシロウの胸に
7つの傷をつけた男。
自らの軍団「KING」を作り、略奪の限りをつくす。
レイ

南斗水鳥拳の伝承者。
宿星として人のために生きる「義星」を持つ。
妹のアイリを奪った「胸に7つの傷を持つ男」を探し
復讐することだけを生きがいとしていたが、ケンシロウ、マミヤと出会い人間性を取り戻す。
ユダ

南斗紅鶴拳の伝承者。
宿星として裏切り、美と知略の「妖星」を持つ。
「世界で一番美しいのは自分」と信じていたが、
レイの演舞の美しさに嫉妬する。
シュウ

南斗白鷺拳の伝承者。
宿星として「仁星」を持つ。
少年時代のケンシロウの命を、自らの両眼と引き換えに救っている。
人を救うためなら、己を犠牲にしてもかまわない男。
サウザー

南斗鳳凰拳の伝承者。南斗聖拳で最強の男。
宿星として「将星」を持つ。
先代伝承者オウガイに拾われ修行を励むが、伝承者認定勝負でオウガイを殺してしまう。
以後、「聖帝」と名乗り略奪の限りをつくす。